二日酔いや風邪の予防に

うっかり飲みすぎた翌日に二日酔いになってしまった時、人はどうやってその症状を改善しているでしょうか。「シジミの味噌汁を飲むといい」というのはよく耳にしますが、シジミをいつも冷蔵庫にストックしている家庭はあまりないでしょうし、インスタントの味噌汁を飲むにしても、貝類が苦手な人だと二日酔いの朝にあの独特の味をかぐことすら堪えるかもしれません。ここ最近はコンビニなどで二日酔いに効くドリンク剤が買えるようになりましたが、謳い文句ほどの効果が期待できるかどうか、実際にフラフラの身体で店まで足を運び、買って試すまではわからないものです。手軽に、そして簡単に二日酔いの症状を軽減したいのであれば、「ハチミツ」を活用することをお勧めします。

お酒を飲む予定がある時、または飲み終わった後にハチミツをなめると、二日酔いの予防になるのです。ハチミツには、肝臓の働きを助ける効果があるだけでなく、血中のアルコール濃度を下げる効果もあります。普段からお酒を飲む機会が多い、忘年会などでこれから飲む機会が増えるという人は、デスクの引き出しや自宅にチューブ入りのハチミツをストックしておくといいでしょう。

また、二日酔いの時は食欲が落ちるという人も多いのではないでしょうか。そんな時にお勧めなのが「パンケーキ」です。匂いの強いものや重いものは食べられない、食べる気が起きないという人であっても、新鮮なフルーツなどがトッピングされたパンケーキであれば口当たりもさっぱりして食べられるのではないでしょうか。加えて、パンケーキの定番トッピングといえばハチミツですから、さらに二日酔いの時にお勧めだと言えるでしょう。また、アルコールを摂取した時には体内で血液がドロドロになって動脈硬化などが起こりやすい状態になるものですが、ハチミツは血管を広げてくれたり悪玉コレステロールを排除する効果があります。ハチミツをかけたパンケーキは二日酔いの時にぴったりのスイーツなのです。

もちろん二日酔いの時だけでなく、常日頃からハチミツを食べるのもいいでしょう。ハチミツには整腸作用や便秘を解消してくれる効果、口内や喉の菌を退治して潤いを与える効果もあるので、乾燥しやすい時期や風邪が流行っている時期などには積極的になめるのがお勧めです。二日酔いになりやすい、風邪を引きやすい人は、甘いものを食べたくなった時はハチミツがけのパンケーキを選ぶといいでしょう。