脳のエネルギー

パンケーキを食べる際に、「ハチミツ」か「メープルシロップ」のどちらを選ぶか悩んだ経験はないでしょうか。近頃人気のパンケーキ専門店では生クリームやチョコレートソース、さらには色とりどりのフルーツがトッピングされたものまで様々なパンケーキが提供されていますから、あえて定番であるバターやハチミツ、メープルシロップなどはわざわざ選ばないという人が最近は多いかもしれません。

しかし、もしパンケーキを食べた後に仕事や勉強に集中したいという状況であれば、迷わず「ハチミツ」を選ぶことをお勧めします。なぜなら、ハチミツは脳のエネルギーとなる良質の糖分でできているからです。脳はブドウ糖などの単糖類を活動エネルギーにしています。ですから、仕事や勉強を始める前だけでなく、疲れてきたと感じる時にはブドウ糖を摂ることが大切なのですが、市販されている加工ブドウ糖などはそのまま食べてもあまりおいしくないので、ハチミツなどから摂る方がストレスにならないでしょう。頭をスッキリさせたい、脳の働きを活性化したいと考えているのであれば、パンケーキの上にかけるのはハチミツがぴったりです。脳が活性化すれば、仕事や勉強への集中力も上がることでしょう。

また、シンプルなパンケーキをハチミツだけで食べなくてはいけない訳ではありません。ハチミツをかけないよりはハチミツをプラスした方が、脳を使う作業の効率が良くなるということですから、ハチミツ以外は自分好みのトッピングを追加してもいいのです。ハチミツには他にも整腸作用や便秘を解消してくれる効果があり、体調を整えてくれるでしょう。さらにビタミンも含んでいるので、風邪に気をつけたい受験生などは積極的にハチミツを食べるべきです。パンケーキに添えられているフルーツのビタミンも組み合わせれば、さらに風邪予防に効果を発揮してくれるでしょう。そう考えると、パンケーキは身体のためになるメニューだと言っても過言ではないかもしれません。

ハチミツは様々な健康効果が期待でき、身体にとって負担にならない、優しい食べものです。今までカットフルーツやコンフィチュール、もしくは生クリームやチョコレートソースなどでパンケーキを食べていた人は、これからはハチミツをプラスすることをお勧めします。新たなパンケーキの魅力に気づくことができるだけでなく、整腸作用を得られたり、脳を活性化させたり、甘いおいしさ以外にも嬉しい効果が得られるでしょう。