試したくなるハチミツ

ここ数年、パンケーキ専門店はずいぶんと増えました。ブームの火付け役となった専門店のひとつ「幸せのパンケーキ」では、家庭では真似出来ないようなふわふわの分厚いパンケーキを食べられると人気です。角切りのバターとシロップという定番の組み合わせではなく、近年人気が高まっているマヌカハニーと発酵バターを使用したホイップバターをのせたパンケーキが食べられるのですが、その濃厚なコクと甘さがさらに話題を呼び、店の前には連日行列ができるほどです。マヌカハニーとは、ニュージーランドにしか自生していない「マヌカ」という植物から採れるハチミツで、高い殺菌効果が注目されています。ヨーグルトと一緒に食べれば、ピロリ菌を退治する効果もあるとして話題になりました。

ハチミツはパンケーキとの相性がよく、甘くておいしいというだけでなく、さまざまな効果があります。また、ハチミツの種類によってどんな効果が得られるのかは様々です。一般的にパンケーキに添えられるのはアカシアやレンゲから採れたハチミツが多いでしょう。アカシアのハチミツなどは気温の変化に左右されることが少なく、寒いところでも固まらないことから重宝されています。アカシアやレンゲから採れたハチミツには整腸作用や便秘解消の効果があるので、そうした悩みを持っている人は、パンケーキにはぜひハチミツをかけて食べるといいでしょう。

最近は使いきりサイズの小さな瓶詰ハチミツも色々市販されています。家庭で食べる時は、どういった効果のあるハチミツなのかを事前に調べて、自分に必要だと思われるものを試してみましょう。ハチミツはお菓子作りなどだけではなく、普段の料理にも使えます。砂糖の代用として甘みをつけるのはもちろん、お肉を柔らかくしてくれる効果もあるので、ジャンルを問わずに様々な料理に使えるでしょう。ハチミツは砂糖よりもカロリーが控えめでコクもあり、料理の味わいをぐっと深くしてくれるのです。

もちろん焼き立てのパンケーキにトッピングされる生クリームやアイスクリーム、フルーツなどとの相性も抜群ですから、ハチミツがサービスされている専門店では、たっぷりとかけて食べるのがお勧めです。消化を助けてくれる効果のあるハチミツは、ボリュームのあるパンケーキのお供としても最適だと言えるでしょう。今までパンケーキには生クリームやメープルシロップで満足してハチミツをかけていなかったのであれば、ぜひ試してください。