どんなメニューにもぴったり

近年、ブームが続いているパンケーキはおいしいという理由だけではなく、生クリームやアイスクリーム、フルーツやコンフィチュールなどで豪華に飾られた見た目が話題になり、SNSなどに写真を投稿したくなるフォトジェニックなスイーツとしても人気があるようです。甘いものでデコレーションされたスイーツ系メニューだけではなく、こんがりと焼かれた分厚いベーコンやジューシーなソーセージ、フレッシュな野菜などが添えられたミール系メニューもあり、スイーツとしてだけでなくランチやディナーとして食べられる点も人気があるポイントでしょう。甘いフルーツを食べれば脳の働きが活性化されて幸福感を得られ、肉類は抗ストレス作用のある脳内物質の分泌を促してくれます。ストレス社会といわれる現代で、多くの人が無意識のうちにストレスを軽減してくれるメニューとしてパンケーキに魅了されているのかもしれません。

もうひとつ、パンケーキにはおいしいだけでなく他の食材などとも相性が良く、健康にいい定番のトッピング、「ハチミツ」が欠かせません。ハチミツには、甘味料としての役割だけでなく、消化を促したり便秘を解消してくれたりする効果もあるということをご存知でしょうか。パンケーキはスイーツの中でもボリュームがありますから、消化を助けてくれるハチミツをかけて食べるのがお勧めです。整腸作用のあるハチミツはスイーツやおやつと一緒に食べるだけでなく、お腹の調子が悪いと感じた時にホットミルクなどに入れて飲むといいでしょう。

ハチミツは身体にいいだけでなく、パンケーキによく合うフルーツなどとの相性も抜群です。シロップももちろんおいしいですが、ぜひ一度ハチミツがけのパンケーキを食べてみてください。パンケーキにはつきもののアイスクリームや生クリームだけでなく、ヨーグルトなどのクリーミーなソースとの相性もぴったりです。とはいえ、さすがにミール系パンケーキとハチミツは合わないだろうと思われるかもしれませんが、ハチミツは肉を柔らかくする効果があり、料理などでもよく使われています。それに、「塩気のある食事には、甘いデザートも欲しい」と考える人は多いのではないでしょうか。ミール系メニューはおおむね塩気があるので、ほんのりと甘いパンケーキだけでは甘さが足りないと感じるかもしれません。そこにハチミツをかければその物足りなさをしっかり補い、おいしい料理をもっとおいしく食べられるでしょう。